慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリー

慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリー

Google

メールマガジン登録

Incubationとは?

SFC内外において、コミットが可能な人材がインキュベーション・マネージャーとしての役割を担い、プロジェクトベースによるシーズの発掘・育成を行う。またこの属人的知見をケーススタディとして蓄積。

ネットワーク・コーディネータ

牧 兼充

牧 兼充

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科助教
SIVアントレプレナー・ラボラトリー事務局長

2000年3月

慶應義塾大学環境情報学部卒業

2002年3月

大学院政策・メディア研究科修士課程終了
同年4月より大学院政策・メディア研究科助手(途中一部環境情報学部助手を含む)

2007年4月より

大学院政策・メディア研究科助教

2002年4月

慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)をベースにしたベンチャーインキュベーションプロジェクト「SFC Incubation Village研究コンソーシアム」を創設。
以来、事務局長として、全体の企画・運営のコーディネータとして活動中。三菱地所株式会社ビル事業本部街ブランド企画部ビジネスインキュベーションユニットパートナーを兼務。

森 靖孝

森 靖孝

メンター三田会会長代行、株式会社MMインキュベーションパートナーズ取締役

1964年

慶應義塾大学工学部管理工学科卒、同年(株)資生堂入社、その後技術部、商品開発部、ニューヨーク駐在を経る。

1990年

国際戦略室長

1992年

取締役国際事業部長

1999年

取締役事業開発部長

2001年

執行役員常務

主として海外事業、新事業開発、M&Aを担当し2004年6月退任。

樺澤 哲

樺澤 哲

松下電器産業株式会社コーポレートR&D戦略室チームリーダー
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特別研究教授(非常勤)

1980年3月

大阪大学大学院工学研究科通信工学専攻
博士過程後期 卒業(工学博士)

1980年4月

松下電器産業株式会社入社
中央研究所にて音声処理技術開発を担当

1997年4月

Panasonic Digital Concepts Center 副所長
(日本人現地責任者)

2000年4月

Panasonic Digital Concepts Center 所長
(日本人現地責任者)

2003年 9月

松下電器産業株式会社 コーポレートR&D戦略室
チームリーダー

2006年11月

慶應義塾大学 大学院 政策・メディア研究科
特別研究教授(非常勤)

宮地 恵美

宮地 恵美

株式会社MMインキュベーションパートナーズ代表取締役
慶應義塾大学 SFC研究所 上席所員
1982年慶應義塾大学大学院 工学研究科数理工学専攻 修士課程終了。
日本UNIVAC(現日本UNISYS)入社。
入社以来2003年まで自動車メーカ、金型メーカ向けのCADCAMシステムの開発に従事。
ビジネスプロデュース部を経て2007年4月より現職。

田中 克徳

田中 克徳

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科助教授(非常勤)
三菱地所株式会社街ブランド企画部副長
新事業創造支援ユニット マネージングパートナー

1989年

慶應義塾大学経済学部卒業、三菱地所株式会社入社人事業務に従事。

1993〜1999年

みなとみらい21プロジェクトに従事。

2000年〜

丸の内エリアブランディング計画に従事。
複数の専門企業等とインキュベーションネットワーク「丸の内フロンティア」を創設・運営。

2002年〜

丸ビル7階インキュベーションクラブ「東京21cクラブ」を企画立案・運営。

2005年11月より

慶應義大学塾教員(非常勤)としてSIVラボに参画

2007年〜

日本で初めての取り組みとなるインキュベーションオフィスとクラブ一体型となる新事業創造支援プロジェクト「日本創生ビレッジ」を企画立案・開設。

廣川 克也

廣川 克也

慶應藤沢イノベーションビレッジ インキュベーションマネージャー

1970年1月

北海道生まれ

1993年4月

住友銀行(現三井住友銀行)入行

2004年1月

北海道大学知的財産本部

2005年12月

慶應義塾大学慶應藤沢イノベーションビレッジ着任

浜本 幸一

浜本 幸一

株式会社MMインキュベーションパートナーズ 取締役
慶應義塾大学SFC研究所訪問研究員
メンター三田会 事務局
慶應義塾大学総合政策学部2006年卒。
現在は共同研究仲介・促進を行いながら、
企業・教員・メンター・学生の橋渡しに努める。