慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリー

慶應義塾大学SIVアントレプレナー・ラボラトリー

Google

メールマガジン登録

SIV Student Group 2007年度秋学期

新事業創造コミュニティの企画・戦略立案・マーケティング・グローバル展開とテクノロジー・マネージメント

1. 概要 (國領研究会シラバスより)

慶應義塾をベースとした新事業創出コミュニティの実現に向けた活動を行う。具体的にはSIVアントレプレナー・ラボラトリー (http://siv.kiep.ne.jp/) の活動に参画する。本グループは、SIVラボの中で、その活動の中核を担う学生グループであり、SIVSG (SIV Student Group)と称する。
SIVSGの活動は、インキュベーションプラットフォームを運営する側と、このプラットフォームを利用し自ら事業を立ち上げる側の大きく二つに分かれ、この2者が相互に連携することにより、新事業創出コミュニティの実現を目指す。
SIVSGに参加することにより、学生は新事業の企画、戦略立案、マーケティングを習得することができ、また卒業後も活かすことが可能な、グローバルレベルでのビジネスノウハウ習得や人的ネットワーク構築が可能となる。またSIVSGは特に技術ベースの新事業創出にフォーカスしており、このプロセスを通じて、テクノロジーマネジメントも学ぶことができる。
SIVSGの活動は、多数の個別プロジェクトにより構成されている。学生はその個別プロジェクトに参加することを通じて、多数の企業と連携しながら新事業創造コミュニティの創発を目指す。
SIVSGの活動に、学生が積極的にかかわることで、新事業創造の基礎知識習得のみならず、グローバルネットワークの構築、英語を用いたビジネスコミュニケーションやプレゼンテーション能力の向上等を図ることができる。なお、SIVSGに参加する時点での英語のコミュニケーション能力は一切前提としない。
SIVSGの詳細については、http://siv.kiep.ne.jp/sivsg2007f/ を参照すること。

(担当:牧特別研究助教)

2. 活動の進め方

SIVSGは以下の活動の集合体である。成績評価の対象は、個別プロジェクト及び定期ミーティングにおける貢献である。その他の活動は、オプションと位置付けるが、その貢献度に応じて、加点対象とする場合がある。

  1. 個別プロジェクト
    SIVSGの活動の中核は、個別プロジェクトである。参加する学生は、SIVSGに関わる何らかのプロジェクトに参加することが求められる。新規参加者が新たなプロジェクトを立ち上げることも可能である。
    個別プロジェクトの活動は、研究会の時間外に行うものであり、目的達成のために、高いコミットメントが求められる。
  2. 定期ミーティング
    個別プロジェクトの活動の発表、ブラッシュアップの場、各プロジェクト横断的に必要となる基礎知識を身につけるために、毎週月曜6限に定期的なミーティングを行う。
  3. ブラッシュアップサロン
    新たなプロジェクトの立ち上げを準備する学生、課題を抱えているプロジェクトを担う学生を対象に、メンター三田会を中心とした相談会を毎週月曜5限に開催する。
  4. 研究ミーティング
    大学院生及び研究活動に興味を持つ学生を対象に、2週間に一度程度、研究ミーティングを行う。この場で相互の研究発表及びブラッシュアップ、ディスカッションを行う。
  5. SFC-IVにおける日々の活動
    SFC-IV204号室が、SIVラボの活動拠点である。SIVSGの学生はこの場に積極的を活用し、プロジェクト活動の推進を行う。プロジェクト活動は基本的には授業時間外に行うものであり、この場を有効活用して、メンバー間の交流を深めることが重要である。
  6. 合宿
    年に2回程度、SIVSGメンバーの合宿を行う。各学期のkick offの場として位置づけられているため、原則参加すること。2007年度秋学期は、9月9日(日)-10日(月)とする。
  7. SIVラボのイベント等
    SIVラボでは、会員企業との交流を目的としてSIV Forumを開催している。このようなSIVラボ主催のイベントには積極的に参加し、個別プロジェクトの活動の幅を広げることを目指すことが望ましい。
  8. SIVラボ周辺組織のイベント等
    SFC-IVの主催する交流イベント、KBCの主催するコンテスト、K-TECの主催する勉強会など、アントレプレナーシップ、テクノロジー、インキュベーション等に関連する多数のイベントが開催されている。個別プロジェクトの活動の幅を広げるためにも、このようなイベントにも積極的に参加することが望ましい。
  9. 海外ツアー・海外視察
    SIVラボの持つ多様なグローバルネットワークを活用し、年に数回海外研修プログラムを開催する。また必要に応じて、学生と共同で海外視察等を行う場合がある。
  10. 懇親会等
    SIVラボ及び周辺組織との交流は、個別プロジェクトを推進する上で極めて重要である。授業外のメンバー間の交流会にも可能な限り積極的に参加することを推奨する。

3. プロジェクト

SIVSGにおいては、学生を中心とした多様なプロジェクトが進行している。履修者はこのプロジェクトのいずれかに参加することが求められ、そのプロジェクトがSIVSGにおける活動の主体となる。

属性

プロジェクト名

概要

リーダー

総括担当

プラットフォームのデザイン

KBC実行委員会

慶應義塾をベースに新たなベンチャー創出を目指すべく、ビジネスコンテストの企画運営を行う。詳細は、http://www.keio-contest.org/ 参照。

屋代

グローバルコンテスト実行委員会

慶應義塾創立150年記念事業として、慶應義塾が世界中の大学のビジネスプランコンテストの優勝者を集めたグローバルコンテストを開催する。この実行委員会は、その企画・運営を担う。

屋代

メンター三田会リエゾン

慶應義塾の卒業生を中心としたメンター三田会と連携し、学内マーケティング及びマッチングの場の設計・運営を行う。詳細は、http://siv.kiep.ne.jp/networking/mentor.html 参照。

浜本

MMIPリエゾン

メンター三田会の有志により経営が行われている、慶應義塾へのインキュベーション会社である株式会社MMインキュベーションパートナーズの経営戦略の提案、運営などを行う。

浜本

SIVSG運営

SIVラボの中核となるSIVSGの企画・運営を行い、プラットフォームの活性化を担う。詳細は、http://siv.kiep.ne.jp/sivsg2007f/ 参照。

守屋

アントレプレナー育成運営

「アントレプレナー概論1」、「アントレプレナー概論2」の教材作成及び授業運営に携わり、プラットフォームの活性化を担う。詳細は、http://siv.kiep.ne.jp/gairon1-2007/http://siv.kiep.ne.jp/gairon2-2007/ 参照。

SIVラボ会員企業リエゾン

SIVラボの会員企業との連携の仕組みをデザイン・運営する。特にSIV Forumやアントレプレナー就業プログラムを中心にプログラムを展開する。

石川

田中

SFC Entrepreneur Award 2007実行委員会

11月22、23日のSFC Open Research Forum 2007にて開催される、SFC Entrepreneur Award 2007の企画・運営を担う。このイベントは、新しいシーズの発掘、卒業生起業家の表彰等を目的としている。

浜本

日本創生ビレッジインターン

日本創生ビレッジにて、週2日ベンチャーインキュベーションの実務をインターンとして体験する。詳細は、http://www.egg-japan.com/ 参照。

田中

田中

GBIL(SFC-IV)

ライトスピード株式会社と連携し、システム開発・セキュリティ・モバイルの分野をはじめとする各研究プロジェクトとのC&D(Connect & Develop)や、最先端テクノロジー・ソフトウェア等を技術面およびマーケット面の双方から支援ならびに事業開発を進める。詳細は、http://www.light-speed.jp/ 参照。

谷口

プラットフォームの活用

トレーサビリティ募金箱

RFID等の技術を活用し、寄付金の使途をトレースするシステムを構築する。そのシステムを活用することにより、寄付行為にエンターテイメント性を付加し、新たなビジネスモデルを構築する。

クマール

音力発電

株式会社音力発電と連携し、発電床などのアプリケーションの企画・開発及びビジネスモデルの構築を行う。詳細は、http://www.soundpower.co.jp/ 参照。

速水

Spiber

Spiberプロジェクトと連携し、バイオインフォマティクスを活用した「くもの糸」に関するアプリケーションの企画・開発及びビジネスモデルの構築を行う。

関山

GenoMedia

Spiberプロジェクトと連携し、DNAを活用したデータキャリアのアプリケーションの企画・開発及びビジネスモデルの構築を行う。

関山

My Earth

環境問題にフォーカスしたトレーディングカードの企画・開発とそのビジネス展開を行うプロジェクト。

岡崎

頭の良い子の育つ家

株式会社eco-s corporationと連携し、ITと空間デザイン等のアプリケーションの企画・開発及びビジネスモデルの構築を行う。詳細は、http://www.spaceof5.com/ 参照。

後藤

プラットフォーム研究

産学連携モデル研究

産学連携を促進するためのモデル研究を行う。SIVラボ会員組織と連携しながら、イノベーションを誘発するモデルの事例調査などを行う。

樺澤

樺澤

メンターネットワークモデル研究

SIVラボが関わるプログラムの中でも、最も特徴的な仕組みの一つであるメンター制度について、そのメカニズムの検証を行う。他事例との比較検証を積極的に行った上で、研究として論文等にまとめる。

研究室を基盤としたイノベーションプラットフォームのモデル研究

本プロジェクトは現在のインキュベーションプラットフォーム、特に研究室単位における利益相反を明らかにした上で、その利益相反をうまくマネジメントし、研究室全体のインセンティブを満たすシステムを構築、実施することにより、より多くの人材が起業できる環境をつくり、大学発ベンチャーや学生ベンチャーを更に活性化することを目指す。

神田

4. 定期ミーティング

個別プロジェクトの活動の発表、ブラッシュアップの場、各プロジェクト横断的に必要となる基礎知識を身につけるために、毎週月曜6限に定期的な会合を行う。以下の活動を想定している。

  • 個別プロジェクトのプレゼンテーション・ブラッシュアップ
  • 英語による個別プロジェクトのプレゼンテーション・ブラッシュアップ
  • 文献の輪読
  • ケースディスカッション
  • フィールドワーク
  • 個別プロジェクトの打ち合わせ

5. 最終成果物

学期毎に個別プロジェクトの活動の発表、ブラッシュアップの場、各プロジェクト横断的に必要となる基礎知識を身につけるために、毎週月曜6限に定期的な会合を行う。以下の活動を想定している。

  • 個別プロジェクトのプレゼンテーション・ブラッシュアップ
  • 英語による個別プロジェクトのプレゼンテーション・ブラッシュアップ
  • 文献の輪読
  • ケースディスカッション
  • フィールドワーク
  • 個別プロジェクトの打ち合わせ

6. 提出課題・成績評価の方法等

授業の出席、課題の提出、プロジェクトへの貢献、最終成果、その他の加点の総合点により判断する。
授業の出席・課題の提出を得る度に1点を加点。プロジェクトへの貢献は、総括担当者の評価に基づきが10点満点で加点(A: 10点 B: 6点、C: 3点、D: 0点)。最終成果については、牧が15点満点で加点(A: 15点 B: 8点、C: 5点、D: 0点)。その他の加点は10点満点で、学生の申告に基づく。
20点以上取得でCを保証する。
この点数を基本としながら、最後に担当教員間で相談の上、最終成績を決定する。

7. 連携組織

SIVSGは、外部組織との密接な連携により活動を推進する。学生は、SIVSGの活動を通じて、卒業後も継続的につながる多様な産業界とのネットワークの構築が可能となる。

  1. SIVラボ会員組織 (2007年4月現在)
    スルガ銀行株式会社、フィグラ株式会社、ニフティ株式会社、コマップ株式会社、伊藤忠テクノソリューションズ株式会社、あずさ監査法人、三菱東京UFJ銀行、ハルデザインコンサルティング株式会社、三菱商事株式会社、三菱地所株式会社、ライトスピード株式会社、株式会社eco-s corporation、株式会社ビットアイル、大東印刷工芸株式会社、株式会社タイキ、株式会社積水インテグレーテッドリサーチ、DIP株式会社、新日本監査法人、松下電器産業株式会社、安田企業投資株式会社、秀和特許事務所、特定非営利法人ベンチャーサポート研究会、神奈川県、独立行政法人中小基盤整備機構、財団法人藤沢市産業振興財団、SFC三田会、株式会社MMインキュベーションパートナーズ
  2. SIV Entrepreneurial Ecosystem
    慶應義塾大学メンター三田会
    K-TEC (Keio Technology and Entrepreneurship Club)
    KBC実行委員会
    SFC Entrepreneur Award 実行委員会
    藤沢鳳雛塾
  3. 連携インキュベータ
    慶應藤沢イノベーションビレッジ (http://www.sfc-iv.jp/)
    日本創生ビレッジ (http://www.egg-japan.com/)

8. スタッフ

全体総括:

牧 兼充 (政策・メディア研究科助教)

教員:

樺澤 哲 (政策・メディア研究科教授)
田中 克徳 (政策・メディア研究科准教授)

研究所員:

森 靖孝 (SFC研究所上席所員、元政策・メディア研究科教授)
宮地 恵美 (SFC研究所上席所員)
浜本 幸一 (SFC研究所所員)

SA:

石川 晃久(総合政策学部4年)
守屋 英義 (環境情報学部2年)

問い合わせ窓口: 牧 兼充 (kanetaka at sfc.keio.ac.jp)

9. 注意事項

  • SIVSGには、SIVラボ会員組織担当者、メンターなどの学生以外の方々も多数参加する予定なので、予めご了承いただきたい。
  • SIVSGは他の研究会に比べて、プロジェクトのワークロード、課題などの負荷が高いことが予測されるので、その点を良く考えた上で参加すること。
  • SIVSGは、通常の授業とは違い、月曜6限の時間に参加するだけでは学べるものはさほどない。個別のプロジェクトに積極的に参加し、そのプロジェクト活動におけるインタラクションを通じて、学生の学ぶ機会を提供する。
  • SIVSGは、他の研究会に比べて、プロジェクト活動を行うための交通費、懇親会参加費、合宿参加費などの必要となる出費が多い。これらの活動はあくまで課外活動と位置付けられているが、個別プロジェクトを遂行するために必要となる場合が多い。予めご了解いただきたい。なお、SIVラボ周辺には多数のベンチャー企業が存在しており、学生がアルバイト等で稼ぐチャンスも多い。学生の相談に応じて、積極的にアルバイトの情報も提供していく。
  • 定期ミーティングは、ゲストスピーカー等をお呼びケースもあり、その日程調整に伴って、スケジュールが変更になる。
  • 大学院生の参加も積極的に歓迎する。